皮脂欠乏症とは

皮脂欠乏症とは、乾燥肌の症状がひどく表れてしまうような症状で、歳を重ねている人や、ひざ下に多く見られる症状となります。

 

分泌される皮脂が極端に少ないことで起こってしまう症状となり、かゆみが生じてしまったり、湿疹が出来やすい状態となってしまいます。

 

皮脂欠乏症の原因は、乾燥肌が悪化している状態となりますから、保湿を行う事が非常に大切です。皮膚の表面がめくれ上がってきてしまう事で、水分を蒸発しやすい状態を作ってしまっていますから、水分補給をしっかりと行い、肌の表面がめくれてしまわないようなターンオーバーを作り出す必要があります。

 

あまりにも症状がひどい場合には、通院をし、保湿クリームを処方してもらう必要がありますが、自分自身でお風呂上りにしっかりとクリームをつける事でも、改善できる場合もあります。

 

皮脂欠乏症の人の場合には、乾燥肌よりも、更にお手入れを入念に行い、肌が乾燥しないように気を配らなければいけません。着る洋服の素材に気を配り、乱れた生活習慣をしないようにする事も大切ですし、部屋の乾燥にも気を配りましょう。

 

洗いすぎてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまいますから、ナイロンのタオルを利用してこすることもやめましょう。かゆくなってしまうと、我慢できずにかいてしまい、そのまま症状が悪化してしまう事が予想されますから、爪をできるだけ短く切っておくことが大切です。

 

皮脂欠乏症は、お手入れ次第で改善させることが可能ですから、様々な乾燥肌対策を取り入れてみましょう。