洗顔により乾燥を防ぐには

正し洗顔を行わないと、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

洗顔は、肌に必要な皮脂を残しながら行う事で、洗いすぎてしまう事による乾燥を防ぐことができ、肌を潤った状態で保つことができます。

 

洗顔料やクレンジング剤の選び方も重要ですから、乾燥肌である人は、洗顔料にも注意しましょう。

 

洗顔料や、クレンジング剤を選ぶ場合には、界面活性剤が配合されていない物を選ぶようにしましょう。クレンジング剤の中に界面活性剤が含まれているのは、オイルクレンジングとなり、洗顔料の中に界面活性剤が配合されているのは、洗顔フォームと記載されている製品となります。
界面活性剤が配合されている製品による洗顔は、キュッとした洗い上がりで、非常にさっぱり感があるのですが、皮脂を全て落としきってしまうため、乾燥肌を進行させてしまいます。

 

クレンジング剤は、ミルククレンジングや、ローションタイプの肌に優しい物を使用すること、洗顔料は、洗顔石鹸を選び、肌に必要な潤いを残すようにしましょう。

 

ゴシゴシ洗ってしまったり、何度も洗うような行為はNGとなりますし、熱いお湯で洗い流すこともNGとなります。クレンジングは短時間で行い、洗顔石鹸はしっかりと泡立てて、肌を包み込むように洗うようにすることで、洗いすぎてしまうのを防ぐことが出来るでしょう。

 

洗い上がりには、出来るだけ早く化粧水や乳液などで保湿を行い、肌の水分が蒸発してしまわないようにする事も大切です。