肌のバリア機能を高めるために

肌のバリア機能が弱くなってしまう原因は、肌の潤い不足となっています。

 

乾燥肌が進んでしまう事で、皮膚の表面がめくれてしまい、まだ再生しきれていない弱い皮膚が肌の表面に出てきてしまう事で、ちょっとした刺激に弱い皮膚となってしまうのです。

 

肌のバリア機能が弱くなってしまうと、シミやそばかすが出来やすくなってしまうだけではなく、肌のシワやたるみの原因にもなってしまいますし、捲れた皮膚から更に水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

 

肌のバリア機能が衰えていたとしても、保湿をしっかりと行う事ができていれば、捲れた皮膚を抑える事で、水分を閉じ込める事が可能となりますし、徐々に乱れたターンオーバーを改善することも可能となりますから、次第に肌のバリア機能を高め、元の肌に戻す事も可能となります。
バリア機能が乱れてしまうのは、乾燥だけが原因ではありません。

 

ピーリングやマッサージなどを毎日のように繰り返してしまう事で、角質を除去する効果がありますから、頻繁に行う事で、まだ準備ができていない皮膚が肌の表面に表れてしまい、バリア機能が弱くなってしまうという事もあります。

 

バリア機能は肌にとって非常に大切ですし、少しでも改善させるためには、毎日保湿をしっかりと行う事と、肌の再生のための十分な睡眠が大切となりますから、乾燥肌対策を進んで取り入れるようにすることが大切です。

 

敏感肌の人は更に肌のバリア機能が弱くなってしまっている状態となりますから、入念なお手入れが必要となります。