冷え性を防ぐために

冷え性は、乾燥肌を招いてしまい、体の免疫機能を弱めてしまうとお伝えしましたが、冷え性改善策には、様々な種類があります。

 

運動や、入浴などを取り入れるという方法が一般的であり、非常に簡単な冷え性改善策となるのですが、その他にも、自分自身で手足の末端をマッサージし、血流を上に流すような方法を取り入れるというのも良いですし、姿勢を正しくするように意識をし、猫背になることで、体の血流が悪くなってしまわないようにする事も大切です。

 

事務職などで、いつも机に座ってばかりの人や、同じ姿勢ばかりである人の場合には、時間を見つけて1時間に1回程度は、ストレッチなどを取り入れる事も冷え性対策に繋がります。

 

体を温める事が大切ですからマフラーを利用したり、手袋を利用し、体を温めるという方法を取り入れるのも良いのですが、コルセットやガードルなどを利用した冷え性対策は、体を締め付けてしまう事で、体を温めるのではなく、血行不良を招いてしまい、逆に冷え性を招いてしまう事になりますから、注意しましょう。

 

体を冷やすような飲み物は避け、氷が入っているような飲み物は夏場でも摂取をしないようにしましょう。

 

ぬるま湯や、体を温める事ができる温度での飲み物に変える事だけでも、冷え性改善につながります。

 

体が冷え切ってしまった時には、乾燥肌が悪化しやすくなりますから、少しでも早く乾燥肌から肌を守るためにも、生姜入りのスープや鍋などを利用し、体の芯まで温めるようにしましょう。