乾燥肌と敏感肌の違いとは

乾燥肌が進行してしまうと、敏感肌と呼ばれる肌質に変わってしまいます。

 

敏感肌は乾燥肌が進行し、肌のバリア機能が非常に弱くなってしまっている状態で、ちょっとした刺激にも耐える事ができなくなってしまっています。

 

今まで使用していたスキンケア用品や化粧品でさえも、赤みやかゆみがおきてしまったり、洋服が擦れただけでも、刺激となってしまう事もあります。

 

敏感肌の人は、化粧水を使用すると、肌がピリピリとしてしまう事が多く、化粧水をつけることが出来なくなってしまうのですが、ピリピリするからといって、何も肌につけない状態を続けてしまえば、敏感肌は更に進行してしまいます。敏感肌になってしまう人の場合、乾燥肌を放置したことが原因として考えられますから、まずは肌の表面からしっかりと保湿をする事が大切です。

 

今まで使用していたスキンケア用品が刺激となってしまう場合には、敏感肌用のスキンケア用品を購入しましょう。

 

敏感肌用すべてが、敏感肌の人に合うわけではありませんから、肌への刺激とならないかどうか、少量ずつ試しましょう。

 

ピリピリとしてしまうような刺激があるのにも関わらず、スキンケア用品を継続して使用してしまうと、シミができてしまいますから、肌に刺激にならないようなスキンケア用品を使用するようにしましょう。

 

敏感肌は一刻も早く改善させることが大切です。刺激に弱いという事は、シミが出来やすい状態をキープしている状態となりますから、歳を重ねた時に後悔してしまう事のないように、早めのお手入れを開始しましょう。