乾燥肌になってしまうデメリットとは

乾燥肌になってしまうと、乾燥している部分の皮膚の表面がめくれてしまいますから、化粧のノリが悪くなってしまったり、粉をふいたような状態になってしまい、見た目からカサカサしている印象を持たれてしまいます。

 

乾燥肌が悪化してしまうと、赤くなってしまったり、かゆみが生じてしまうだけではなく、肌が刺激に弱くなってしまい、免疫機能やバリア機能が弱くなってしまう事で、シミやそばかすが出来やすくなってしまいますし、たるみやシワの原因にもなってしまいます。乾燥肌になってしまうデメリットは非常に多くありますが、乾燥によるメリットは何もありません。

 

その他にも、肌が乾燥していると、ターンオーバーが乱れてしまいますから、肌の再生が狂い、まだらな皮膚の色になってしまう事もありますし、古い角質が、いつまでも肌に停滞してしまう事にもなりかねません。

 

刺激に弱くなってしまう事で、日焼けをすると、すぐにシミとなってしまう事もあります。

 

若い世代で乾燥肌の場合、乾燥していると思っていながらも、乳液などで押さえつける事で、乾燥とみられないようにしている人も多いのですが、放置しておくことで、歳を重ねてからシミになってしまったり、たるみやシワが出来やすい肌となってしまいますから、早い時期から年齢肌を感じるようになってしまうと言われています。

 

乾燥が気になる時には、すでにかなり乾燥肌が進行している場合が多いため、肌が乾燥していると感じる前から、水分補給をしっかりと行い、肌に潤いを与えるようにすることが大切です。